永里優季はなでしこジャパンに欠かせない!代表復帰するべき3つの理由

なでしこジャパンのワールドカップ2019メンバーは永里優季を中心に組むべきだ!

 

サッカーを愛するサッカー歴20年以上のたむらさん (@tamurasan222) です。

 

結論から言おう。当記事の主張はこうだ。

「永里優季選手はなでしこジャパンに欠かせない!」

 

そう主張する理由は3つ。

  1. 永里優季選手は世界最高峰のリーグで結果を残している
  2. 現在のなでしこジャパンにリーダーとなる選手が見当たらない
  3. 現在のなでしこジャパンの攻撃陣にワールドクラスレベルの選手がいない

 

なでしこジャパンの2019年と言えば、FIFA女子ワールドカップ2019。

 

高倉麻子監督は、試行錯誤しながら若手の発掘に力を注いできた。

2018年4月に開催されたAFC女子アジアカップ ヨルダンでの優勝。同年8月のインドネシアで開催されたアジア大会で優勝。

なでしこジャパンが結果をもたらした点は、1ファンとしてうれしい。

とても価値のある実績だ。

 

しかし、どうしても不安を拭い去ることができない点がある。

今のなでしこジャパンのメンバーで、2019 FIFA女子ワールドカップでファンが納得のいく結果を出すことができるのか?

なでしこジャパンのファンなら誰もが不安視するはずだ。

 

2016年6月を最後に、永里優季選手は代表に招集されていない。その理由はいろいろ取りざたされている。

もしかすると、個人的な理由で辞退しているのかもしれない。

 

しかし、事情はどうであれ、永里優季選手がいない「なでしこジャパン」をこれ以上放置はできない。

そんな段階に来ていると思う。

 

なぜ永里優季選手がなでしこジャパンに必要なのか?

3つの理由について詳しく解説していくとする。

 

ポイント解説
  1. 世界トップリーグのNWSLで結果を出している
  2. リーダー不在
  3. ワールドクラスの攻撃陣が必要

なでしこジャパンに永里優季選手が欠かせない3つの理由

 

宗像 誠さん(@makochan0115)がシェアした投稿

① 永里優季選手は世界最高峰のリーグで結果を残している

たむらさん ガッツポーズ 150px

まずは①について。

  • 2カ月連続で月間ベストイレブン賞を獲得
  • 週間MVP賞を獲得
  • 8月25日現在、2018年シーズンのアシストランキング1位

上記の通り、世界最高峰の女子サッカープロリーグ、NWSL(ナショナル・ウーマンズ・サッカーリーグ)で、永里優季選手は結果を残しているから。

 

NWSL(ナショナル・ウーマンズ・サッカーリーグ)とは?

 

アメリカ代表24名のほかに、海外18カ国から代表や代表候補の選手58名がプレーしているアメリカのプロサッカーリーグ

 

各チームに世界トップレベルの選手が4~7名所属し、互いに、切磋琢磨している。

なぜ、そこまで海外選手を受け入れているのか?

 

理由はシンプル。

エキサイティングかつ価値のある試合を提供しないとスポーツファンから見放される。

 

2013年から始まったこの世界最高峰のリーグで結果を残した日本人女子サッカー選手は、川澄奈穂美選手と永里優季選手だけである。

② 現在のなでしこジャパンにチームのリーダーとなれる選手が見当たらない

たむらさん 驚き2 150px

次は②について。

2015年あたりまでのリーダーは、「沢穂希」や「宮間あや」であった。

今のリーダーは誰?
問われても返答に困るのではないだろうか?

 

チームスポーツでは、リーダーの存在がとにかく重要だ。

2018 FIFAワールドカップ ロシア での長谷部誠の存在がいい例である。

 

しかし、日本女子サッカー界では、この先3~4年はリーダーとなる選手は出ないのではないか?

と危惧している。

③ 現在のなでしこジャパンの攻撃陣にワールドクラスの選手がいない

たむらさん イライラ 150px

最後は③について。

現在のなでしこジャパンに、永里優季選手のほかに、ワールドクラスの攻撃陣がいない。

 

ワールドクラスの選手がいないというのは、ポテンシャルのある選手がいない、という意味ではない。

ワールドクラスレベルでの試合経験を積んでいる選手がいないというだけである。

 

日本代表が海外の代表チームと試合をするときのあるあるを紹介しよう。

ボールを奪われたり、デュエル(1対1)で負けたり、簡単に抜かれたりすると、解説者が必ず口にするのはこうだ。

  • 「リーチが違う」
  • 「身体能力が高い」
  • 「高さが違う」
  • 「スピードが違う」

そして、「この試合でそうした違いを経験できるのは大きな財産になるでしょう」と解説者は付け加える。

もちろん、社交辞令だ。

 

年間5~6試合を経験しただけで、簡単に身に付くものではない。

環境が人を育てるのと同じで、そういう環境に身を置かないと財産にはならないものである。

 

しかし、幸いなことにけっして若くはないが、海外のトップリーグで9年も戦い続けている永里優季選手がいるではないか。

2018年現在、なでしこジャパンの真の実力は?

 

Yuka Momiki / 籾木結花さん(@nicole_momiki)がシェアした投稿

 

2018アジア大会女子サッカーでは、何とか優勝できた。

試合内容はと言うと?

準決勝の韓国(国際サッカー連盟(FIFA)ランク15位)や、決勝の中国(国際サッカー連盟(FIFA)ランク17位)を見るかぎり、終始押され気味の試合展開であった。

 

「手放しで喜べない。」
「結果が良かっただけ。」

と考えるのは私だけだろうか?

 

また、2018年7月にアメリカで開催された「Tournament of Nations」は3戦全敗。

得点はわずか3得点のみの寂しい結果である。

「Tournament of Nations」の対戦相手は国際サッカー連盟(FIFA)ランキング1位のアメリカ(2-4 ●)とブラジル、そしてオーストラリア。

3カ国とも、来年のワールドカップには出場する国。

 

キャプテンの熊谷沙希選手が、チーム事情で参加できなかったとはいえ、全くふがいない結果だった。

 

2019年のワールドカップ予選リーグの組み合わせ次第では、決勝トーナメント進出も危うくなる。

これが、現在のなでしこジャパンの実力だと見ている。

 

参考までに、

  • 2018年6月時点の国際サッカー連盟(FIFA)ランキングTOP10
  • 2018年、直近の対戦結果
  • NWSL参加人数

を表にしておこう。

 

FIFAランク 国名 vs 日本 NWSL 在籍選手
2位 ドイツ 対戦なし 0人
3位 フランス 対戦なし 0人
4位 イギリス 対戦なし 2人
5位 カナダ 0-2 ● 2018/3 14人
7位 ブラジル 1-2 ● 2018/7 6人
8位 オーストラリア 0-2 ● 2018/8 20人
9位 オランダ 2-6 ● 2018/3 0人
10位 北朝鮮 2-1 〇 2018/8 0人
6位 日本 4人

※ スマホ使用時は右スクロール可能

【まとめ】なでしこジャパンには永里優季選手が必要不可欠!

 

Yuki Nagasatoさん(@yuki_nagasato)がシェアした投稿

 

なでしこジャパンに永里優季選手が欠かせない3つの理由をまとめます。

  1. 永里選手は世界最高峰のリーグで結果を残している
  2. 現在のなでしこジャパンにリーダーとなる選手が見当たらない
  3. 現在のなでしこジャパンの攻撃陣にワールドクラスレベルの選手がいない

 

なぜ、永里優季選手がなでしこジャパンに必要か?

1ファンが、出しゃばった見解を書き下ろしてしまいましたが・・・。

 

この記事をきっかけに建設的な議論に発展し、なでしこジャパンひいては日本女子サッカーへの関心と期待が盛り上がれば、この上ない喜びです。