フランス旅行の費用・予算は?旅費を抑える2つのキーポイントもご紹介!

【実録】フランス旅行の費用・予算は?見積り予約ならフリープランで決まりでしょ!

どーも!たむらさん (@tamurasan222) です。

たむらさん

2018年6月! 憧れのフランス旅行に行ってきました!

ぺんちゃん

いきなり自慢かい!

 

それはさておき、

「フランス旅行の旅費って、いくらぐらい必要なんだろうか・・・? できれば予算内で最高の旅にしたい。」

そんな疑問を解決するために、

  • フランス旅行の費用・予算
  • 旅費を抑える2つのキーポイント

を当記事でご紹介します。

 

さっそくですが、説明していきましょう!

フランス旅行の費用・予算の目安はいくら?

たむらさん

1番費用のかかる飛行機代を、最初に見ていきましょう。

往復航空券:約12万円

日本-フランス間の往復航空券として、1人約12万円(燃油込み)がかかります。

飛行機代に加えて、現地での滞在費用にかかる目安は以下の通りです。

フランスで過ごす1日あたりの費用:

  1. ホテル代:20,000円
  2. 食事代:8,000円
  3. 観光費:3,000円
  4. 交通費:4,000円

1日の滞在費:合計3.5万円

 

【往復航空券10万円 + 1日の滞在費3.5万円】 

つまり・・・

1日だけ行く人はいないでしょうが、1日行くだけでも費用は最低 15.5万円かかります。

数日滞在すれば、往復航空券10万円 + 1日あたりの滞在費分だけ増えていきます

仮に3日間滞在する場合は:

  • 往復航空券:12万円
  • 1日の滞在費:3.5万円 × 3日分

合計:22.5万円

また、往復航空券 + 1日の滞在費は、すべて 1人あたり の金額です。

 

「旅行予定日が迫ってきているから、旅行プランを具体的に進めたい」

という人は「海外旅行プランの無料見積もり比較サイトは試さないと損!」で、あなたの旅行計画をほんの5分で進められる便利な海外旅行サイトを解説しています。

海外旅行オーダーメイドプランの無料一括見積りは利用しないと損! 海外旅行プランの無料見積もり比較サイトは試さないと損!

 

飛行機代、ホテル代、食事代、観光費用、交通費、あとは、お土産代。

それぞれについて詳細を説明していきますね。

フランス旅行の費用 – 飛行機代

たむらさん

ネットで格安航空券を探せば、成田・パリ往復で7万円台(燃油込み)から!

シーズンや曜日、航空会社、乗り継ぎ回数などによって、値段は大きく変わるのでご注意ください。

航空券7万円 + 諸経費5万円 = 12万円

少なくとも1人12万円を、往復の飛行機代として見ておきましょう。

 

旅費を抑えるキーポイントその1

直前で航空券を予約すると、プラス3~4万円ほど割高です。同じ条件で13万円台から。

航空券の価格を安く抑えるポイントは、なるべく早めに旅行を計画し、割引率の高い早割の航空券を予約すること。

目安は、遅くとも2カ月前からの予約ですね。

4カ月前から予約すれば、ほぼ間違いなく予約できます。早割でセールを狙えることもありますね。

たむらさん

売り切れごめん! 早い者勝ちです!

 

フランス旅行の費用 – ホテル代

Hotel du Louvreの外観

ホテル代は、

  • グレード
  • 立地条件
  • 宿泊人数

によって大きく変わります。

パリ市内であれば、1泊2万円ほどは考えておきましょう。

郊外なら1泊1.3万円前後で見つかります。

 

ホテルなら1室1名でも2名でも、料金はほとんど変わりません。

3名になると2部屋予約するか(料金は2倍)、1部屋3名の部屋を探して費用を抑えるかのどちらかです。

 

旅費を抑えるキーポイントその2

パリ市内の安くて質の良い人気ホテルは、予約が早く埋まります

たむらさん

考えることは、みんな一緒ですね。

満足度の高くコスパの良いホテルに宿泊するためには、航空券の予約と同じように、早めに動くことがポイントです。

フランス旅行の費用 – 食事代

アヌシー湖一周の時フォークラ峠でのランチアヌシー湖一周。フォークラ峠でのランチ

交通費や食材費は日本より割安なのですが・・・

日本に比べて、フランスの外食費は高いです!!

たむらさん

2倍ぐらいのイメージかな?

飲食店によって値段は変わります。以下、パリ市内での外食費の目安です。

  • 朝食10ユーロ(約1300円)
  • 昼食15ユーロ(約1900円)
  • 夕食35ユーロ(約4500円)
  • 夕食にワインを頼むと50ユーロ(約6500円)

日本のランチなら1000円を出せば、選択肢が豊富にあり、そこそこの物が食べられますよね。

500円ワンコインの定食ランチなんて、フランスにらありません。サンドイッチに飲み物をつけると1000円ぐらいのイメージです。

 

食事代を安くすませる方法としては、

  • 昼食ならファストフード店(マクドナルドのセットは1,150円ぐらい)
  • 夕食をならカジュアルに行けるビストロでのセットメニュー

がおすすめです。

 

また、安くて美味しい現地の人が通うレストランを探すために、トリップアドバイザーを利用しました。

検索画面で「パリ、ランチ」などで調べるとヒットします。

 

フランス旅行の費用 – 観光料金

たむらさん

観光料金の目安は、1日3000円です。

美術館の入館料は、1箇所9~15ユーロ(1150円~1950円)

観光料金は、

  • 入館料
  • ロープウェイ
  • 登山鉄道
  • 拝観料

などです。割引券がある観光スポットもありますね。

 

もしもパリに3日以上滞在する予定ならば、観光料金がとてもお得になるパリミュージアムパスがおすすめです。

パリミュージアムパスはおすすめ!値段や購入方法、使い方は? お得!パリミュージアムパスの値段、購入方法、使い方をご紹介します!

 

あとは、時間帯や曜日によっては、無料になる観光スポットも。

入場料が無料であったことに、びっくりしたのが!!

カルカッソンヌのシテ(城塞都市)と、ポン・デュ・ガールの水道橋。

市営なので夜7時以降になると職員は帰宅してしまうらしい。どちらも夜景が素晴らしかったです。

全長3kmに及ぶ2重の城壁で囲まれたカルカッソンヌ城塞都市(シテ)にあるコンタル城の外観カルカッソンヌのシテ(城塞都市)

導水路として紀元50年ころ建設された3層の水道橋で長さ275m、高さ49mポン・デュ・ガールの水道橋

フランス旅行 – 交通手段

たむらさん

交通費の目安は1日4000円ですが、交通手段によって金額がかなり変わります。

パリ市内の参考価格です。

  • タクシー(最低支払い料金7ユーロ ※約900円)
  • メトロ・バス・トラム(1回券:250円 / 10回券:1,900円)
  • レンタカー:マニュアル車 → 1日5000円~7000円 / オートマ車10,000~15,000円

レンタカーのオートマ車を除いて、全体的には日本より割安感がありますね。

 

個人的には、レンタカーでの移動はおすすめできません!

マニュアル車が主流ですので、オートマ車の値段は跳ね上がります!(予約時に要確認)

経験上、駐車場探しと料金精算に苦労しました。精算機の操作が全く統一されていません。

フランス人でも苦労していましたよ・・・

フランス語ができないと駐車料金の精算すら難しいかと思います。

 

フランス旅行の費用 – お土産代

塩の名産地、プロヴァンス地方のカマルグの塩塩の名産地、プロヴァンス地方のカマルグの塩

お土産代はあなたの予算次第ですが、おすすめなのは、現地のスーパーマーケット!

ばらまき用のお菓子なら、5000円もあればたくさん買えます。

たとえば、板チョコで1個200円以下です。

フランスの有名スーパー:

  • Monoprix(モノプリ)
  • Carrefour(カルフール)
  • Franprix(フランプリ)

せっかくのフランス旅行、失敗したくないあなたに

たむらさん

価格の安さを理由に物を買ったことによる苦い思い出はありませんか?

もちろん価格も大切ですが、一生に一度かもしれない、憧れのフランス旅行。

なるべく妥協はしたくないですし、フランス旅行を最高の思い出にしたいですよね。

 

「思わぬトラブルが旅行先で発生して、せっかくの楽しい雰囲気が険悪ムードに!」

「◯◯を観光したかったに、時間がなくて行けなかった・・・」

せっかくの海外旅行、失敗は絶対に避けたいですよね。

少しでも「ドキッ!」とした人のために、あなたのパートナーや家族が喜んでくれるフランス旅行の秘訣を「せっかくの海外旅行、失敗したくないあなたは必読」で解説しています。

 

【まとめ】フランス旅行の費用・予算

たむらさん

最後に要点をまとめます。

往復航空券:1人約12万円(燃油込み)

1日の現地滞在費(合計:3.5万円)

  • ホテル代:20,000円
  • 食事代:8,000円
  • 観光費:3,000円
  • 交通費:4,000円

仮に3日間滞在する場合

  • 1日3.5万円 × 3日間 = 10.5万円
  • 往復航空券 12万円
  • 合計 = 22.5万円  

航空券のポイント

  • 航空券は直行便か経由便かどうかで値段は大きく変わる
  • おすすめは現地での観光時間を考慮して直行便
  • 航空券の値段はシーズンや早割が効くがどうかで変動する

ホテル代のポイント

  • グレードや立地条件で値段が異なる
  • パリ市内 1泊2万円~ / 郊外 1泊1.3万円~
  • 人気ホテルやコスパの良いホテルは予約が埋まる

外食費のポイント

  • 日本の2倍を想定
  • マックのセットで1,150円程度
  • 食事代は1日8000円(ワインなし)
  • 夕食にワインを頼むと6,500円

交通費のポイント

  • 1日4,000円
  • 交通手段でかなり違う
  • 公共の交通機関は安い
  • レンタカーはおすすめできない(マニュアル&左ハンドル)

お土産代のポイント

  • 人それぞれ
  • Monoprix(モノプリ)などの現地スーパーが安い
  • 現地スーパーなら板チョコ1個200円

たむらさん

旅行出発予定日の2ヵ月前には遅くとも予約を入れましょう!

自分の場合は、3~4ヵ月前からは動き出します。

年末年始、大型連休は、さらに早くから予約が埋まり始めます。

割高になる可能性もありますし、最悪、絶対に行きたい旅行に行けないなんてことも・・・

 

「早く動き出さないといけないのは、分かったけど、何から始めれば良いの?」

そんなあなたは「5分で始められる海外旅行プランの作成記事」も合わせてお読みください。

特に、フランス旅行が初めての人には、役立つ内容です。

関連記事:
⇒⇒⇒ 海外旅行プランの無料見積もり比較サイトは試さないと損!

海外旅行オーダーメイドプランの無料一括見積りは利用しないと損! 海外旅行プランの無料見積もり比較サイトは試さないと損!