フランス旅行の持ち物チェックリスト!現金や両替はどうする?バッグは安全なの?

どーも!たむらさん (@tamurasan222) です。

  • 「フランス旅行に初めて行くんだけど、何を持っていけば良いの? 」
  • 「現金や両替はいくらぐらい必要なの?バッグは安全なのかな?」
  • 「フランスでは変圧器は要らないかな?変換プラグは必要かな?」

このような質問に答えます。

 

この記事では、フランス旅行に必要な持ち物チェックリストをまとめました。

それでは、さっそく説明していきましょう!

フランス旅行の持ち物に関するアドバイス4点

写真

チェックリストを提示する前に、特に知っておいてほしいことを、先にお伝えします。

  1. クレジットカード
  2. 両替・現金
  3. バッグと財布
  4. 変圧器と変換プラグ

 

海外旅行は初めて!

なんて人には、どれも必須な情報ですね。

1つずつ説明していきます。

1. フランス旅行ではクレジットカードが必須!

クレジットカードが必須なわけは、

  • 現金は盗難や紛失の恐れがある
  • 現金を両替すると手数料が高い
  •  両替の場合の手数料は 3~10%。カードの場合おおむね 1.63%
  • 海外旅行保険付きクレジットカードであれば海外旅行保険に加入する必要はない

などが挙げられます。

海外旅行保険付きのカードのない方は、

  • ネットで保険に申し込む
  • 忘れた場合は、割高になるが空港で保険を掛ける

2. クレジットカードを持っていくなら、両替・現金は、

  • 現金は200€くらいで十分
  • 両替は空港で20€札に替えることが最も望ましい。
  • 50€札以上になると大きなお店以外は嫌がられる。
  • 現金(円)は1~2万円あれば十分

強盗にあった場合の危険度を減らすために、

  • 財布には常に20€くらいのお金を入れておく
  • 後ろのポケットに財布を入れない

バッグは安全?バッグや財布はどのように持ち歩けばいいの?

一般に言われていること。

  • たすき掛けできるバッグを使う
  • 肩掛けの場合、ひったくられる危険がある
  • 手に抱えて持つ
  • 1番良い盗難対策はリュックやバッグに貴重品を入れない事
  • ズボンの前ポケットに財布を入れて持ち歩く
  • あるいは、財布はバッグの一番底に入れる

たむらさん

私の知り合いの体験なんですが・・・

「女性がいきなりぶつかってきたのでおかしいな?」

と思い、バッグを見たらチャックが開いていたようです!

でも、財布は無事だったみたい (TOT)

バックの一番底に財布を入れていたからですね。

ぺんちゃん

プロの手口だな。

 

ちなみに、盗難に遭う確率の高い場所は3箇所あります。

  1. 長い入場待ち行列や入場口付近(誰でも入れて混むところ)
  2. 鑑賞に夢中になっている美術館内や教会内
  3. 混雑している電車や地下鉄の車両内

 

フランス旅行に変圧器は不要!でもCタイプ対応の変換プラグは必要!

変圧器は必要か?

  • 最近の電気製品はほとんど220Vに対応
  • 電気製品に電圧がAC100-240Vと記載されていればOK
  • ドレイヤーなど熱を使う日本製品はほとんど海外対応でない

変圧器不要と理解したが、どうして?

  • 海外ではドライヤーに使えない
  • 電圧が変わるとワットも変わって冷風ばかりで熱が出ない
  • どうしても必要な方は海外対応の軽めのドライヤーを買うのが得策

Cタイプ変換プラグは必要!

フランスではCタイプと呼ばれるコンセントが使われている。

日本はAタイプ。

Cタイプの変換プラグは必ず持っていきましょう!

1人2個は欲しいですね。

【機内持ち込み禁止・制限アイテム】

一般的に知られている国際線の基準は、100ml以下の容器に入った液体物なら合計最大1リットルまで入るジッパー付ビニール袋に入れると機内持ち込める点。

でもこの知識では不十分。

液体物の定義が実際はもっと広い。ゼリー状も含む。

成田空港で手荷物検査を通ったとしても海外の入国時の検査で没収されることがある。

恥ずかしいながら私も没収されたしまった経験も。

そこで次のサイトに目を通しておきたい。

成田国際線を利用する場合の機内持ち込み禁止・制限アイテムはこちら

フランスのシャルル・ド・ゴール空港の機内持ち込み禁止・制限アイテムはこちら(英語版)

 

フランス旅行の持ち物チェックリスト 

確認 貴重品  説明
 □  パスポート 写真のあるページのコピー1枚保管。紛失対策
ビザ(査証)  観光目的(3ヵ月以内の滞在)なら不要
 航空券  Eチケットは2枚印刷。別々に保管
現金(€)  空港で200€くらい換金
現金(円) クレジットカードがあれば1~2万円で十分
クレジットカード 2枚用意し別々に保管。紛失・盗難対策
国際運転免許証 取得に2週間
□  写真2枚  パスポート紛失の際、再発行に必要
□  戸籍謄本
自宅のカギ  
海外旅行保険証 海外旅行保険付きクレジットカードがない場合
財布  
   
確認 カバン・バッグ・袋など   説明
 スーツケース 鍵付  
スーツケースベルト 目印用
 ネームタグ
バッグ  体の前に抱えて持てるサイズ 
□  セキュリティポーチ  貴重品管理(紙幣、カード、パスポートなど)。服の下につける
 袋(エコバッグなど)  
   
確認 衣類 説明
下着  4~5日分は用意
靴下  4~5日分は用意
パジャマ  
 帽子  
 サングラス  
運動靴   
雨具 100円ショップで十分
フォーマルウェア

パリのリドやムーラン・リュージュ、
モナコのカジノ、高級レストランで必要

フォーマルシューズ
厚手のジャンパー 冬に行く場合や高山の展望台へ登る時

   
確認 電気製品類  説明
スマホ+充電器 撮影用や市街地散策に便利、通信費に注意
カメラ+充電器/電池  
 メモリーカード  予備用
プラグ変換器 プラグ幅の調整可能なアダプターがおすすめ
 ドライヤー 海外対応品。高級ホテルなら置いてあるかも
シェーバー  
   
確認 日用品類  説明
 歯ブラシ 置いてない場合がある
タオル 割れ物の荷造りになどに使える
ボディウォッシュタオル  
 ハンカチ・ティッシュ  
くし・ブラシ   
練歯磨き 機内持ち込み制限アイテム
シャンプー
 コンディショナー
ボディソープ
洗顔料
 化粧品
生理用品  
コンタクトレンズ一式 +予備 洗浄液は機内で使う分量は持ち込み可
 メガネ+メガネケース 必要ならメガネ拭き
 日焼け止め  
絆創膏  
スプレー類 用途やサイズによっては機内持ち込み可
鏡・メイク落とし  
綿棒・コットン  
アイマスク・耳栓  
スリッパ  機内や宿泊先でくつろぐのに便利
確認 その他 説明
腕時計  
ガイドブック  
旅行プラン  
チャック付袋 液体物機内持ち込み用
 お土産 手荷物として持ち込む100g以上のペースト状・ゼリー状の物は入国時の手荷物検査で没収される
 常備薬  
 筆記用具  
   
   

 

ほぼ全てリストしたつもりですが、個人的に必要と思われるものは追加して活用してください。  

荷物を減らすには厳選するか現地調達

このリストにはたくさんのアイテムがありますが、本当に必要なものはもっと少ないはず。

  • できるだけ荷物を厳選
  • 日用品は現地で調達、

などを実施すればスーツケースは軽くなる。

 

手ぶらで観光するには?

車での旅行ならば別だがスーツケースを引きながらの市街地散策や観光スポット巡りはつらい。しかし、手ぶらで観光する妙案がある。

それは日程の組み方を変える!

  • パリの人気観光スポット以外は、にぎわうのは昼過ぎから
  • そこで午前中にバスや電車で移動
  • 早めにチェックインするか、荷物だけ預かってもらう

そうすれば身軽に観光できる。さらに夜の観光も楽しめる。特に夜景の美しい街の観光には最適だ。

【まとめ】フランス旅行の持ち物チェック(現金・両替・バッグなど)

フランス旅行では

1. クレジットカードが必須!

2.現金(円)は1~2万円、両替は200€で大丈夫!

3.バッグは必ずしも安全ではない。
  貴重品は原則持ち歩かない。
  パスポート・紙幣・カードなどはセキュリティポーチに入れて服の下につける。
  財布はバッグの底か前ポケットに入れる。

4.変圧器は不要!
  変換プラグは必要:プラグ幅の調整ができるアダプターがおすすめ。

5.機内持ち込み禁止・制限アイテムのサイトにしっかり目を通す。

6.持ち物チェックリストで忘れ物防止。エクセルでダウンロード可。

7.荷物を減らすには厳選するか、日用品の現地調達。

8.手ぶらで観光するには午前中移動がおすすめ。

くれぐれも忘れ物のないように! 行ってらっしゃい!

 

フランス旅行に行くなら、コチラの記事もお役立ち情報満載です。

【実録】フランス旅行の費用・予算は?見積り予約ならフリープランで決まりでしょ! フランス旅行の費用・予算は?旅費を抑える2つのキーポイントもご紹介! 格安フランス旅行!航空券やホテル、食事、お土産などを安くする6つの秘訣 格安フランス旅行!航空券やホテル、食事、お土産などを安くする6つの秘訣 フランス旅行の前に知っておきたい食事マナーや注意すべきこと10選! フランス旅行の前に知っておきたい食事マナーや注意すべきこと10選!