フランス旅行の前に知っておきたい食事マナーや注意すべきこと10選!

フランス旅行の前に知っておきたい食事マナーや注意すべきこと10選!

どーも!たむらさん (@tamurasan222) です。

  • フランス旅行が初めての人
  • 食事マナーや現地の習慣を知っておきたい
  • 旅行先での嫌な思いはできるだけ避けたい

 

フランス在住40年の知り合いが書いた内容を編集しているので内容はお墨付き!

 

楽しさいっぱいのフランス旅行を、1つの失敗や不注意で台無し!?

最悪、そんな展開にも・・・

 

でも、最低限のマナーや注意事項を知れば、不安やトラブルが軽減されるしメリットも生まれますよね。

 

というわけで、ロケーション別(空港、レストラン、美術館など)に食事マナーや注意事項を10項目にまとめました。

旅の始まりでーす!

これだけは覚えておきたい!フランス在住40年の知り合いに聞いた現地マナーや注意事項

「郷に入れば郷に従え」

という言葉があるように、フランスに行くのならば、フランス流の食事マナーや注意事項は学んでおいたほうが良いでしょう。

ぺんちゃん

オレは誰からも指図を受けない。オレに指図できるのはオレだけ。

たむらさん

オレ様キャラはやめて。一緒に行動するんだから最低限のルールは知っておいてよ。

 

ぺんちゃんはさておき・・・

これからお伝えするのは下記の10項目です。

  1. フランス入国時の手荷物検査には要注意
  2. レストランやカフェでの食事マナー
  3. ホテルでの振る舞い方
  4. 美術館で写真撮影はOK?フラッシュは?
  5. 教会での服装やカメラ撮影
  6. 電車やバスではスリに気をつけろ!
  7. ドライブの仕方や交通ルール
  8. ショッピングするときに注意したいこと
  9. タバコは吸えるの?喫煙マナー
  10. プラスアルファであえて言うなら

 

1つでも気になることがあれば、要チェックです!

では、1つずつ解説していきましょう。

1.フランス入国時

フランス旅行 - フランス入国時の手荷物検査には要注意

シャルル・ド・ゴール空港に到着。

ヤッター!

 

でも入国審査がちょっと心配・・・

大丈夫! 入国審査はほぼフリーパス。

これだけを覚えておけばOK。

  • ヨーロッパ圏外だから日本人の入国審査窓口は異なる

  • 並ぶ窓口を間違えないよう、案内板をチェック

  • 案内板が理解できなければ、アジア人の列に並んでおけばOK

 

それよりも手荷物検査に注意が必要ですよ!

液体類を手荷物で持ち込むことは禁止されています。

たとえば、

  • 味噌など水分を多く含んだペースト状のも
  • ジャムなどジェル状のも
  • 歯磨き粉などの練り状のもの

全て没収されますよ。

出国時にスーツケースに入れて預けておきましょう。

私もペースト状の天野屋の甘酒を没収された苦い経験があります。

アイスパックで保冷したいがために手荷物に入れて持ち込んでしまいました。

 

たむらさん

ホテルに到着。まずは一安心。

ぺんちゃん

とりあえず、おなかもすいたから食事に出かけようぜ!

2. レストランやカフェ

フランス旅行 - レストランやカフェでの食事マナー

食事マナーや注意してほしいことを、箇条書きでまとめます。

  • ウエイターを大声では呼ばない
  • 勝手に席を選んで座らない
  • 注文を取りに来るのを待つ
  • 無料で出される水は水道水
  • 気になるなら有料のミネラルウォータがおすすめ
  • パンが出てきてもすぐに手を付けないのが常識
  • パンは食事をしながら食べるように
  • パンはちゃんと一口大にちぎってから口に運ぶのが基本
  • バターをくれと催促しない。
  • クチャクチャ噛みながらペチャクチャ話さない
  • 口の中に食べ物が残っている間は追加で口に入れない
  • スープや麺は音を立ててススらない
  • ゲップはかなり嫌われる
  • チップは払っても数ユーロ程度で十分
  • 日本のガイドブックにはホテルやレストランのボーイを呼ぶのに「ムッシュ」と書いてあるが、フランス語ではハエという意味。正しい発音をするか、できない場合は使わないほうが良い。
  • 日本は飲み物には氷を入れる習慣があるが、フランスにはない。
  • ワインやブランデーなどには氷を入れて飲まないこと。生産者への侮辱とみられる。

 

ぺんちゃん

おいしかった。おなかいっぱい。さーて、これからどうしようか?

たむらさん

もう遅いからホテルに戻って寝よっか。

3. ホテル

高級ホテルは別として、今はチップを上げる習慣はない。

日本のガイドブックでは枕銭まで置くように書いたものがあるが、それは昔話。

  • 夜中に廊下やドアの前で大きな声で話をしない
  • ドアは静かに閉めること

 

たむらさん

ちょっと早起きになったけれどぐっすり眠れたよ。

ぺんちゃん

ちょうどいい、早めにルーヴル美術館に行こう!

4. 美術館

  • カメラ撮影はOKだがフラッシュ撮影は禁止が多い。
  • 両方とも禁止のところもある。
  • 入口の注意事項を読むこと。
  • 中国人がやっているからといってマネするのはやばいよ。

ぺんちゃん

中国人は本当にどこでもいるなー。

たむらさん

時間はまだたっぷりあるね!そうだ、ここから近いノートルダム大聖堂にいこうよ。

5. 教会

  • カメラ撮影はOKだがフラッシュ撮影は禁止が多い
  • バーミューダなどの服装は着ない
  • 女性はへその見えるカッコウで入るべからず
  • 教会に入ったら帽子をとる
  • 教会内は静かに

たむらさん

夜7時を回ったけど、ホテルに戻るのはまだ早いよね?

ぺんちゃん

だな。食事を済ませてエッフェル塔の夜景を楽しもうぜ。



  

ぺんちゃん

宝石のように輝くシャンパンフラッシュ、最高にラッキー!!

たむらさん

夜11時かぁ。ちょっと不安だけど地下鉄でホテルまで戻ろう。

6. 電車やバス

日本と同じような感覚で、電車とバスには乗らないようにしましょう。

特にスリに要注意!!

日本人というだけで狙われやすいですからね。

  • パリの地下鉄のスリには特に気をつける
  • 夜遅くの地下鉄利用は推奨できない
  • 日本人は財布をズボンの後ろポケットに入れているがフランスでは絶対にしないこと

たむらさん

今日はジヴェルニー村でモネの家と庭園の見学だね。

ぺんちゃん

レンタカーで行こうぜ。

たむらさん

車の運転、不安だなぁ・・・

7. ドライブ

フランス旅行 - ドライブの仕方や交通ルール

車の運転には十分ご注意くださいね。注意すべき点は以下の通り。

  • 右側通行で左ハンドル
  • 信号も標識もない交差点では右側から来る車が優先(日本と逆)
  • 横断歩道のないところでも歩行者優先を心得よ
  • 歩行者優先を無視した場合、通報され罰金と免許の点数が引かれるよ
  • ロータリーでは、ロータリー内にいる車が優先
  • 2018年夏から一般道路の制限速度は90kmから80kmに変更(2車線は90km)
  • 標識はまだ変えられていないものもあるよ
  • 速度オーバーに注意。罰金は支払いが遅れるほど高くなる
  • 進入禁止の標識が2タイプ
  • 日本と同じタイプと赤丸の中央に赤丸があるタイプの2種類

たむらさん

無事に戻れてホッとした。

ぺんちゃん

そうだ、頼まれたお土産買いたいな。ギャラリー ラファイエットに行こうぜ!

8. ショッピング

  • 商品を触り選り分けるのはスーパーなどの安売り店だけ
  • 通常、商品に触るのは嫌がられる
  • 高級品は店員に欲しい商品を言って出してもらう
  • 売る方も買う方も同じレベルという意識。お客様は神様ではない
  • 高級店になればなるほど売ってやるという姿勢で客に接する
  • お客様扱いされる日本人にはショック。でもフランスではそれが普通。気にしないこと。

ぺんちゃん

タバコ吸いたいなー!

たむらさん

みんな路上で吸っているみたいだけど、いいのかな?

9. 喫煙マナー

  • 喫煙マナーは日本の方が良い
  • レストラン、お店、喫茶店、空港、美術館、教会、ホテルなど屋内ではすべて禁煙
  • そのため屋外で喫煙する人がたくさんいる
  • 嫌煙者はどこに行っても結構いやな思いをするかも

ぺんちゃん

喫煙者は肩身が狭いぜ。

10. その他

  • 人前で鼻はすすらない(大きな音を立てて鼻をかむのは問題ない)
  • 私たち日本人は、わからない時やちゅうちょしている場合など、笑ってごまかそうとするが、フランス人には不愉快に思われる
  • 理由もないのにヘラヘラするのは良くない。

ぺんちゃん

君はいつもヘラヘラしているからな!

たむらさん

ごめん。ごめん。

ぺんちゃん

またヘラヘラした!

【まとめ】フランス旅行に行く前に!もしくは着いてから!現地の食事マナーや注意事項10選

挙げればキリはありませんが、以上の10項目を理解しておけば大丈夫です。

要点をまとめます。

の10項目です。

  1. フランス入国時の手荷物検査、特に液体類に注意せよ
  2. 現地での食事マナーは日本より気をつけろ!
  3. 高級ホテルではければチップ不要!夜はお静かに
  4. 美術館ではカメラ撮影OKどうかちゃんと確認しよう
  5. 教会では静かに!着ていく服装はちゃんと考えよう
  6. 電車やバスではスリに気をつけろ!財布は肌身離さず!
  7. ドライブは慣れが必要だ!怖いなら公共機関の利用を
  8. 日本と同じ感覚でショッピングはするな
  9. 喫煙者は肩身が狭いぞ!吸うなら屋外で
  10. 理由もないのにヘラヘラするな

 

これで不安はぐっと減りましたね。

現地で不安になったらまた読み返してもらえるとうれしいです。

ぺんちゃん

フランスをめいいっぱい楽しんでくれよな!

たむらさん

行ってらっしゃい!